HOME > 地球環境問題 > 地球温暖化とは

地球温暖化とは

地球温暖化とは

温暖化とは、人間の活動によって「温室効果ガス」が大気中に放出され、地球全体の平均気温が急激に上がる現象のことです。大気中に含まれる二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、フロンなどが、温室効果ガス(Green House Gases:GHGs)といわれています。
気温が上昇すると、海水の膨張や氷河などの融解により海面が上昇したり、気候の変化により異常気象が頻発したり、自然生態系や生活環境、農業や漁業への影響があります。

地球温暖化の原因

地表の気温は

  • 太陽から届く日射が大気を素通りして地表面で日射が吸収され
  • 加熱された地表面から、赤外線の形で熱が放射され
  • 温室効果ガスがこの熱を吸収し
  • その一部を再び下向きに放射し、再び地表面や下層大気を加熱

という仕組みにより生物の生存に適した気温に保たれています。
しかし近年、産業の発展や森林の開拓などの人間活動の活発化に伴って、温室効果ガスの濃度が増加し、地球規模での気温上昇(温暖化)が進行しています。

地球温暖化の原因 イメージ図

地球温暖化の影響

  • ・水不足や水被害
  • ・自然生態系
  • ・海面上昇による水没
  • ・死亡率上昇や伝染病危険地域の増加
  • ・公害(大気汚染・水質汚染)

資料提供:環境省

ページの先頭へ戻る