HOME > 紙と環境 > FSC森林認証制度

FSC森林認証制度

森林認証制度とは?

独立した第三者機関が、適切な森林管理が行われているかどうかを、決められた一定の基準に基づいて審査(評価)、認定(認証)を行う制度が森林認証制度です。
世界的な規模での森林の減少、および世界各地の森林の多くで、違法な伐採や持続可能でない伐採が大規模に行われている現実がそのバックにはあります。森林環境保全に配慮し、地域社会の利益にもかない、経済的にも継続可能なかたちで生産された木材の認証と、持続的な森林利用の推進が目的です。使用する木材や紙の原料がどこの森林から伐りだされたかを確認し、それを確実にトレースすることで生態系に配慮した木材製品や紙を扱うことを促す「責任ある林産物の調達」が求められています。

FSC森林認証制度

FSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)は、世界中全ての森林を対象とし、環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理を推進することを目的としています。このような森林管理がなされているかどうかを信頼できるシステムで評価し、適切な管理がなされている森林を認証します。
また、この森林から産出された木材・木材製品に独自のロゴマークを付け、認証を受けた森林から来ていることを保証するものです。このロゴマークの付いた製品を幅広く流通させることにより、世界の森林保全へ向け、森林管理者から、木材・木材製品及び紙製品の消費者に至るさまざまな関係者を一体化しようとする取り組みです。

FSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)の図表

管理の連鎖ーCOC認証

FSCによる認証は、森林管理の認証(FM認証)と、加工・流通過程の認証(Chain-of-Custody:COC認証)の二つがあります。
FSCロゴマークを制作物に印刷する場合には、生産・加工・流通過程の製品管理システムを認証する「COC認証」の取得が必要となります。

印刷物におけるCOC認証の流れ

資料提供:平和紙業株式会社

ページの先頭へ戻る